【@cosme nippon Supporter】株式会社KoLabo 駒崎クララさん

2017.02.19 @cosme nippon Supporter @cosme nippon編集部

すばらしい国に住んでいると心底実感します。それは、ずっと日本から離れて暮らしていたからわかる事かもしれません。

私は幼少期、ヨットの上で多くの時間を過ごしました。5歳から10歳までの約5年間、フランスから日本までをゆらゆらと、時には風を受けてスーーーッと海の上を移動し続けていました。多くの港に立ち寄りながら、実感したこと。それは、日本の国旗を掲げているだけでどこの港でも快く受け入れてもらったこと。日本から来た船というだけで信頼してもらえる。それは初めて伺う土地で不安でいっぱいの我々にとってはとても大きなサポートでした。日本の国旗とパスポートにとても助けられて過ごした幼少期でした。

また、この5年間、日本から持っていったもので、壊れた物はひとつもありませんでした。ビデオカメラや8ミリのテレビ、ラジカセそして、しゃべる人形。素晴らしい作りでどれも日本に帰ってくるまで現役でした。たくさんの潮風に吹かれていたにも関わらず、壊れることがなかったのは、驚き。

大きくなって、今度は乗り物をヨットから飛行機にうつして、CAとして、世界を飛び回り、多くの海外からのお客様を、目的地である日本にご案内しました。機内ではたくさんの質問にお応えしてきました。

・日本では何を食べるのが良い?
・日本で買うべきものは?
・日本でお土産を買うとしたら?

と同時に、海外のお客様からたくさんの日本の良い物を教えていただいていました。
例えば、

・炊飯器、ホームベーカリーや餅つき機
・成田 正次郎鋏刃物工芸の包丁
・森永製菓の抹茶キャラメル
・伊藤園のよく出るおいしいプレミアムティーパック
・ごま油
・オメガ3

日本のものは全て丁寧に作られ、ひとつひとつが丁寧に梱包されていることに感動されている方が多かったです。今まで、目を向けなかったモノやコトに対して、お客様との会話やお土産を拝見した際に、改めて、日本の良いモノ・コトを見直すきっかけとなりました。

最近では、多くの海外の方が化粧品・美容アイテムにも注目しています。
中でも、

・シートマスク
・クレンジングオイル
・ビューラー
・まつ毛のタイプ別のマスカラ

などは、お土産の定番にもなっています。日本の商品はちょっと高いけれど、質が良いので結果的にコストパフォーマンスが素晴らしいとお話されていたのが印象的でした。

私自身も、日本に住んでいた頃は、当たり前に目の前にあったものが、海外から見るとこんなにも素晴らしいものだったと実感し、たくさんのお客様や海外の同僚によって知ることができたのは私にとって宝物です。まだまだ日本には名品・名産と呼ばれるモノがたくさんあると思います。そして、日本人である私はもっともっと知りたいという欲があります。化粧品ブランド@cosme nipponには、日本各地の名品をコスメというアイテムに代えて日本の良さ・素晴らしさを発信していただきたいです。

日本の化粧品業界に向けて、今後期待すること

四季があり、多くの自然の変化にお肌を寄り添わせて生きている日本人。この四季に合わせた化粧品がある国は、なかなかないのではないでしょうか。どんな季節にも合うように作られているので、どの国から来られた方にでもフィットしやすい商品がたくさんあるのだろうなと思います。今後も、沢山の国の方にフィットしやすい商品、そして質にこだわった商品を期待しています。

日本の美容素材(ご当地)に関する今後の可能性

日本には、日本人にも知らない隠れた名品がたくさんあります。そしてその名品には多くのストーリーがあると思います。美容素材にのせてストーリーをたくさん知ることが出来たら嬉しいです。

<Profile>
駒崎 クララ こまざきくらら
株式会社KoLabo 代表取締役社長。神田外語大学外国語学部卒業後、アシアナ航空へ入社。客室乗務員として約7年半、日韓線及び長距離路線に乗務。7年半の間に二度の優秀乗務員賞を受賞する。2012年、「航空会社の垣根を越えた、CAの情報共有やコミュニケーションの場を作りたい」という想いから、客室乗務員経験者専用 情報共有サイト『CREW WORLD』の運営をスタートさせ、株式会社KoLabo設立。現在は、『CREW WORLD』の運営に加えて、客室乗務員経験者のセカンドキャリアを支援する人材紹介サービス『KoLabo Crew Concierge』を運営。マスタービジネスコーチ。URL:http://www.kolabo.info/

この記事に関連するキーワード:駒崎クララ

RECOMMEND今週の人気記事