【@cosme nippon Supporter】ヘア&メイクアップアーティスト 久保雄司さん

2017.02.21 @cosme nippon Supporter @cosme nippon編集部

肌の美しさや顔立ちを引き立てる日本のコスメ。
試すほどに、メイク上手になれます

@cosme nipponオープン、おめでとうございます。

日本の化粧品や美容ツール類は本当に優秀。私のメイクでも、絶対に欠かせない定番の愛用アイテムがたくさんあります。

実のところ、店頭でコスメをチェックするときは、どこの国の製品なのかということはそれほど意識せずに見ているんです。でもいざモデルさんやお客様の顔に使うとなると、圧倒的に日本製のものが多くなる。色であったり、質感であったり…やはり日本人に合うようにできているのだと思います。

同じようなベージュでも、日本のものはとても肌なじみがいいし、顔立ちが引き立つんです。私がメイクで心がけているのは、コンプレックスを隠すのではなく、本人の素材を活かしてよりチャーミングに魅せること。肌のキメの細かさ、ツヤ感、笑顔の可愛らしさ…そういったものを表現するのに、日本のコスメはとても適しています。最近では、天然のオイルやミネラルなどナチュラルな素材を使ったブランドも充実してきていると感じています。

充実といえば、プチプライスコスメの優秀さも見逃せません。クオリティが高いのはもちろんのこと、とても研究されていて、トレンドを取り入れるスピードも早いです。

一般の人にとって、「今年はビビッドなオレンジが流行る」と言われても、冒険色を試すのにはなかなか勇気がいることと思います。でもプチプライスなら、試してみようかな、という気分になる。どんどん新しいものにチャレンジできるから、自分に本当に似合うものも見つけやすいと思います。安くて今どきで優秀なものを、誰でも手に入れることができる。そういう意味でも、日本はとても恵まれた国だと思うのです。

<profile>
久保 雄司 くぼゆうじ
six代表。ヘア&メイクアップアーティスト。美容師としてサロンワークをしながら、雑誌撮影や全国イベントなどで活躍。愛用品やメイク法が「クボメイク」としてSNSなどで拡散され、数々のヒット記録やブームを巻き起こしている。推薦アイテムはすべて、自身で購入して実際に試してみて納得したものだけを厳選している。著書に『#クボメイク』(講談社)。
2017年4月1日より、表参道に美容室「SIX」をオープン。six-salon.com
Instagram @kup000 @six.salon

この記事に関連するキーワード:クボメイク久保雄司

RECOMMEND今週の人気記事