• TOP
  • @cosme nippon Story
  • くすみ・シミ・シワを作らないためのセルフハンドケア/ハンズ・オン代表「井上由美」さん

くすみ・シミ・シワを作らないためのセルフハンドケア/ハンズ・オン代表「井上由美」さん

2017.04.18 @cosme nippon Story @cosme nippon編集部

「美しい爪は美しい皮膚から」という考えのもと、ハンドマッサージやハンドケア、トリートメントを重視するネイルサロン「ハンズ・オン」の代表、井上由美さん。マニキュアリストとして32年、20万人以上の女性の手を見つめ続けてきたからこその経験を踏まえた、効果的なハンドケアを伝授してくれました。今回は、「阿蘇の馬のたてがみ油 ハンドローション」を使った基本のハンドケアをご紹介。毎日丁寧にケアすれば、手肌のくすみが取れ、シミ・シワのない手も夢じゃない。

手がキレイ、肌がキレイな女性の共通項は?

日本に初めてジェルネイルを普及させた、“ネイル界の草分け的存在”の井上さん。美意識の高いお客様に日々接しているのにも関わらず、「手や指先のケアまで万全に行っている方はまだ少ない」、と警鐘を鳴らします。なぜなら、手は体のどの部分よりも動かして酷使されているから、もっとケアが必要だということ。「特に働く女性は、仕事で一日中パソコンに接することも多く、さらには家庭での炊事や洗濯なども加わるから本当に過酷で、手は常にダメージを受けやすい状況です」。

だからこそ、顔にスキンケアするのと同じように、手にはハンドケアが必要なのです。「手の皮膚が硬くてハンドクリームがなじまない、手肌のくすみが気になる、と言う方は、ほとんどがお手入れ不足の手荒れ状態。水分が奪われて手肌が硬くなり、血行も悪くなってくすんでいるのです。私が思うに、手がキレイ、肌がキレイな人の共通項は油分を補っていることですね。手肌の潤いが逃げないように、油分できちんと乾燥を防ぐことが大事です」。

井上さんのおすすめは、水を使うたびにハンドローションをつけること。「せめて一日5回使えば、手荒れが気にならなくなると思います」。とはいえ、忙しいときには日中のケアは難しそう。そこで、夜、お風呂上がりに行うハンドケアを教わりました。

ハンドケアだけではない! 肩こりや眼精疲労にも効果的な「井上式ハンドマッサージ」

使うのは、「阿蘇の馬のたてがみ油 ハンドローション」。まず、2プッシュ分を手のひらに取ります。これで両手をケア。

手のひらを合わせてローションを温めます。この工程を入れることで浸透力がアップ。

両手全体に、まんべんなくなじませます。

さらに、指は1本ずつ根元から指先に向けて、親指でクルクルらせんを描くようにしてなじませます。

指先まで来たら、爪の上から軽くプッシュ。これで指先のこわばりをほぐします。

次は指の付け根ほぐし。ここを指圧することで血液やリンパの流れを促します。

特に、親指と人差し指の付け根は念入りに。凹み部分は、肩凝りや眼精疲労に効くツボで、押したときにジーンとくるのは肩が凝っているせい。

手の甲は、指と指の間を手首に向けてもみほぐします。こんなところも凝っているんだ、と実感!

最後は指を組んで、手首をぐるぐる回します。これでさらに血行をアップ。

意外と知っている人が少ない!? 腕・肘がカサつく理由。腕が目立つ季節には、アーム〜肘ケアもお忘れなく!

半袖やノースリーブの季節ですが、腕は紫外線やエアコンの冷気の影響を受けて、実は腕の肌が乾燥しやすくなっています。しかも、肘は皮脂がとても少なくて、気づかないうちに白く粉がふいていることも。手だけではなく、腕〜肘のケアまでがハンドケアと心得て!

「阿蘇の馬のたてがみ油 ハンドローション」2プッシュ分を手にとり、手のひらで温めてから、今度は腕になじませます。手首から肘に向けて、少し圧をかけながらプッシュ。これで代謝を促します。

手のひらに残っている油分で、肘もケア。皮脂が少ない肘は乾燥ししてカサカサになりがち。粉がふくほど乾燥がひどい場合はピーリングしてから、たっぷり保湿するのがおすすめです。

なぜ、手肌が乾燥する!? 乾燥の理由と断ち切る成分を紹介!

「手肌が乾燥している方は、自分で思っている以上に体温が低いようですね」と言う井上さん。乾燥した手肌はターンオーバーもままならず、血流やリンパが滞って肌に栄養分も行き渡らず、その結果、代謝も悪くなって体温も下がるのではないか、と推測。これは悪循環となるから、まずはしっかりハンドマッサージして代謝を促進することが大切です。そのときに頼りになるのが、“動物性油脂”である馬油。なかでも、馬のたてがみからほんの少ししか取れない、特別な「こうね油」を使った「阿蘇の馬のたてがみ油 ハンドローション」は、馬油よりもっと人間の皮脂の組成に近いから、肌なじみバツグン。「馬油はなじませると、肌をじんわり温かくする力があるように思いますが、こうね油もそんな感じ。マッサージすれば、さらに血行もよくなって、手肌のくすみがなくなり、透明感も高まります。なにより、油分は肌をやわらかくしてくれるから使わないともったいない」。

これから紫外線が気になる季節ですが、ハンドケアしている人は紫外線の影響を受けにくい、と言う話も。「よく油をつけていると日焼けしやすいと言われますが、乾燥した肌の方が日焼けダメージは大きいです」。油分で肌を乾燥させないようにして、手肌を日焼けダメージからも防ぎたいもの。毎晩、5分でも10分でいいからハンドケアの習慣をつけて、美しい手肌を守りましょう!

左/阿蘇の馬のたてがみ油 ハンドローション、右/同 ハンド&ネイル美容液

取材協力/ハンズ・オン表参道店

〈問い合わせ〉
住所/東京都港区南青山6-15-13 南青山レジデンス1F
TEL/03-3486-8181
URL/
HP:http://www.hands-on-nails.com
Facebook:https://www.facebook.com/ハンズオンHands-On-245817462165768/
Instagram:instagram-h.a.n.d.s_o.n

ハンズ・オン代表の井上由美さんが開発した、オリジナルのハンドケア製品。

「AROUND 60 マダムネイル 〜オシャレは手元から〜」
株式会社 SDPより、2016年11月29日発行。
井上由美さん監修。50〜70代の大人ネイルをたしなむ女性のライフスタイルや、ミニマムなお手入れ法、大人に似合うネイルの色使いが紹介されています。

構成・文/國藤直子 くにとうなおこ
株式会社STRIPE代表。数多くの女性誌で、ビューティ記事やタイアップ記事を手がける。某誌では創刊当初からビューティライター&エディターとして、タイアップ記事を中心に活躍し、「年間ベストコスメ」の審査員も数年経験。

写真/ フルフォード 海
フォトグラファー。出版社の写真部を経て独立。女性誌を中心にファッション、ビューティ、ライフスタイル、ポートレート、スナップや製品撮影まで、幅広いジャンルで活躍。女性の笑顔を美しく切りとるセンスは定評があり、フットワークが軽く、明るい人柄でスタッフからの信頼も篤い。

RECOMMEND今週の人気記事