• TOP
  • @cosme nippon Story
  • メイクさんがリアルに実践する毛穴の開き・メイク崩れ・インナードライ肌ケア/ヘア&メイクアップアーティストRYOさん

メイクさんがリアルに実践する毛穴の開き・メイク崩れ・インナードライ肌ケア/ヘア&メイクアップアーティストRYOさん

2017.07.18 @cosme nippon Story @cosme nippon編集部

女優、吉高由里子、加藤ミリヤ、ディーンフジオカなど幅広い俳優、モデル、ミュージシャンの透明感がある美しい肌作りで注目を集めるヘア&メイクアップアーティストのRYOさん。
仕事で触れる人たちの肌状態はそれぞれ違うので、スキンケアで使用するものは、気を遣うそう。
そんなRYOさんに、@cosme nippon第3弾で発売の商品「北山麓の雪どけハーブ水 フェイス&ボディミスト」を試していただきました。

「日本の名水を使い、肌の優しさを考えられた和ハーブを使用した商品は、肌にやさしいだけでなく、しっとりと肌の内側まで潤いを感じられます。
美しいメイクを仕上げるために欠かせないスキンケアの大事な土台作り。
だからこそ、素材にこだわったものを積極的に取り入れていきたい。」
信頼のおけるアイテムを使い、また商品の良さをしっかり把握して使いこなすのもプロの技。スプレータイプの商品は、顔だけでなくいろいろな使い方ができるので、合せてご紹介します!

朝、メイク前に1分で速攻保湿。
インナードライ肌に悩むなら試すべし!

気温や環境の変化で、気づかないうちにインナードライ肌になっている人も多いのでは。メイク崩れ・テカリ・毛穴の開きが気になるなら、ぜひ試していただきたいのが「RYO流コットンマスク」。
朝メイク前の1分で悩みが解消できるかも。

<使用アイテム>

①大きめのコットン2枚
②北山麓の雪どけハーブ水 フェイス&ボディミスト

<RYO流コットンマスクの作り方>

①大きめのコットン2枚に水を含ませて、軽く絞る。

②「北山麓の雪どけハーブ水 フェイス&ボディミスト」をコットンに適量プッシュして、コットンをひたひたに。
※ローションの量が少ないとお肌の乾燥の原因になるので、たっぷりと。

③ローションを含んだ1枚のコットンを薄く割いて2枚に、計4枚にする。

④割いたコットンを両頬に1枚ずつ。額、鼻、鼻の下、顎とパーツ別にコットンを適度な大きさに割いて、目元を除いて、顔全体を覆う。

⑤両頰に手を当てて、うるおいの浸透を促す。約1分間貼るのがおすすめです。
※コットンが乾くまで長く貼り続けていると、逆にお肌の乾燥につながるのでご注意。

<裏技>崩れないメイク・乾燥しないメイクのやり方

ミストタイプだからこそ、いろいろマルチに使えるのが「北山麓の雪どけハーブ水 フェイス&ボディミスト」のメリット。RYOさんがおすすめするのは、メイクの仕上げや、テカリが気になったときにシュッとひとふきすること。

この後、軽くティッシュで抑えておけば肌が乾燥せず、メイク崩れが防げるとのこと。

ミストのボトルの口を上方に向け、ローションを被るようにすると顔にローションがふわりと降りてくるので、試してみて。
この後、ティッシュを当てて軽く抑えておけば乾燥知らず、メイク崩れ防止に。
スプレーして、そのままにしておくと、かえって肌から水分が奪われて乾燥するので要注意!
※ミストをスキンケアとして使用する場合は、腕をしっかり伸ばして、腕1本分の距離からスプレーすることをおすすめします。スプレーの噴射が強く感じる方は、近距離からの噴射を避けてください。

マルチミストとして大活躍! 
髪&ボディにも・・・リフレッシュに♥

スキンケアとして開発された商品だからこそ、髪やボディにも安心して使えます。
毛先にスプレーすれば、毛先の嫌なハネが収まり、ストレートやカールのスタイリングのベースとしても活躍。

髪にスプレーするときは毛先を中心に。さらりとしながらしっとりまとまり、スタイリングがしやすくなる。

ボディにも使えるミストは、疲れた足のクールダウンなどにもOK。ハーブの香りとともに心の癒しにも◎ 小分けして、外出先でも活用してみて!

このほか、お風呂上がりに全身スプレーしてボディの保湿にも◎。

北海道の雪どけ湧き水にオーガニックの和ハーブを配合した、ユニークなミスト

「北山麓の雪どけハーブ水 フェイス&ボディミスト」は、インナードライ肌のために開発されたミスト状ローション。一番のこだわりは水で、日本名水100選のひとつ、北海道「京極・羊蹄山(ようていざん)の雪どけ湧き水」を使用しています。名水と言われるゆえんは、羊蹄山に降った雪や雨が地下へと浸透し、約70年かけてろ過され、山麓で一気に吹き出している超軟水だから。しかも、この名水に配合されているのは、北海道岩見沢市の有機農園で丁寧に手摘みされた和ハーブ。厳冬を乗り越える生命力あふれるハーブはヨモギ葉を中心にハッカ、シソ、クマザサ、カミツレなどを厳選して、濃縮エキスとして配合しています。ピュアな純水とオーガニック和ハーブのハーモニーで、インナードライ肌のケアに取り入れてみては。

北山麓の雪どけハーブ水 フェイス&ボディミスト
販売名:ミストローションCN3
250ml 2,400円

構成・文/國藤直子 くにとうなおこ
株式会社STRIPE代表。数多くの女性誌で、ビューティ記事やタイアップ記事を手がける。某誌では創刊当初からビューティライター&エディターとして、タイアップ記事を中心に活躍し、「年間ベストコスメ」の審査員も数年経験。

写真/ フルフォード 海
フォトグラファー。出版社の写真部を経て独立。女性誌を中心にファッション、ビューティ、ライフスタイル、ポートレート、スナップや製品撮影まで、幅広いジャンルで活躍。女性の笑顔を美しく切りとるセンスは定評があり、フットワークが軽く、明るい人柄でスタッフからの信頼も篤い。

RECOMMEND今週の人気記事